未分類

カキオコのオススメ店は?年中食べられる?ケンミンショーで話題!

こんにちは。

2月21日(木)夜9時〜『秘密のケンミンショー』で、

岡山県の「カキオコ」が注目されますよ!

牡蠣の入ったお好み焼きで、

なんとも贅沢なグルメなんでしょう。

なんだか家でも作れそうですが、やっぱり本場のカキオコは

全然美味しさが違うようです!

一度は食べてみたい!

そんなカキオコについてのお得な情報をいろいろ調べてみました。

岡山グルメ「カキオコ」が人気な理由やオススメのお店は?

牡蠣の入ったお好み焼き「カキオコ」

お好み焼きといっても、いろいろな具材がありますが、

牡蠣はすごく贅沢で気になるグルメですね。

カキオコの発祥は、岡山県備前市にある日生地区でして、郷土料理なのです。

牡蠣の入ったお好み焼きって、

全国にいろいろあるようですが、

岡山県の「カキオコ」は他の地域と何が違うのか?

それは、

地元育ちの牡蠣にこだわっている

※日生産の牡蠣は、豊富な養分で育ち、大粒で、加熱しても身が縮まないのが特徴。

作り方が日生地区オリジナルである

その作り方とは…→その名も「日生風」。

鉄板に千切りキャベツを敷いて生地をかけ、

牡蠣を乗せて、さらに生地をかける。

両面焼きにすることで、

牡蠣が蒸されてふっくらプリプリに。

他の牡蠣入りお好み焼きとは違う美味しさをもっていますね。

カキオコが人気になったのはとても奇跡な理由なのです。

もともと漁師さんが考えたカキオコでしたが、

それが有名グルメになったのはある男性がきっかけでした。

岡山県日生を仕事で訪れた時に、このカキオコを食べ、

男性はあまりの美味しさに感激!!!

嬉しくて仕事仲間も誘い、カキオコの食べ歩き計画をたてました。

その時に食べ歩きマップを手作りしたそうです。

その男性の熱意に、地元の人たちも刺激されました。

そしてカキオコのPR活動が広がり、

今ではメディアにも注目される人気ご当地グルメになったそうです。

この男性がカキオコと出会っていなければ、

こんなに人気にならなかったかもしれませんね。

「出会い」ってスゴイ…。

気になるのは、岡山のカキオコの美味しいお店!!

ネットで調べてみてまず最初に出てくるお店が、

<タマちゃん>

お店の詳細はこちら


タマちゃんのオススメポイント

・オリーブオイルで焼くので、牡蠣との相性が抜群に良い!

・シーズン外でも牡蠣を仕入れているので、年中カキオコが食べられる!

・2種類のサイズがある

<浜屋みっちゃん>

お店の詳細はこちら


浜屋みっちゃんのオススメポイント

・牡蠣やキャベツがたっぷり!大満足のボリューム感

・岡山名物タイメイソース使用

<ともひろ>

お店の詳細はこちら


ともひろのオススメポイント

・牡蠣が追加で注文できる!

・駐車場が広々と完備!

<うまうま>

お店の詳細はこちら


うまうまのオススメポイント

・日生駅から30mとすぐで観光客には便利!

・牡蠣を少し焼いてから生地に乗せてくれるので、

臭みを感じることなく食べられる!

<カキオコ屋 暖里>

お店の詳細はこちら


暖里のオススメポイント

・周辺観光しながら気軽に立ち寄れる

(海の駅「しおじ」のすぐ隣。正面は地元の市場「五味の市」)

・テイクアウトできる!

・ミニサイズのカキオコもある

・牡蠣やキャベツの美味しさを引き立てるため、

生地の大きさも2種類に分けている。

・カキオコ用オリジナルソースを使っている

他にもカキオコが食べられる美味しい店はたくさんありますので、

ぜひ観光する周辺を調べてみるのも良いかもしれませんね。

全国各地でも牡蠣入りお好み焼き「カキオコ」を食べられるお店は多いです。

しかし、日生風の「カキオコ」はやはり現地でしか味わえないでしょう。

いろいろなカキオコを食べ比べてみたいですね。

「カキオコ」の食べられる時期は?

牡蠣は食べられる時期が決まっていますよね。

「カキオコ」も同じく、新鮮な牡蠣を使うので、

食べられるのは10月〜3月のお店が多いようです。

ただ、冷凍や仕入れなので年中カキオコが食べられるお店もありますよ。

最後に

牡蠣好きの人もそうでない人もぜひ一度は食べてみるべき「カキオコ」!

お好み焼きの大阪や広島に負けず、

さらに人気が広がっていくと良いですね。