古典×現代2020の平日/土日の混雑状況!限定グッズや口コミまとめ

2020年6月24日(水)~8月24日(月)まで、東京・国立新美術館にて「古典×現代2020ー時空を超える日本のアート」が開催されます。

古典×現代展では、古い時代の美術と現代美術の対比を通して、日本美術の魅力を新しい視点から発信します。

現代の優れた表現と、今なお私たちを惹きつけてやまない古の名品の比較を通じて、単独では見えてこない新たな魅力を発見する展覧会となっています!

 

話題になっている古典×現代展なので、どのくらい混雑するのか気になるところですよね。

 

こりらくママ
結論から言うと・・・

 

平日、休日ともにお昼ごろにかけて混み合います!

 

さらに今回の記事では深掘りをしていって、

・古典×現代2020の穴場の時間帯はいつだろう?
・古典×現代2020をゆっくり見れる時間が知りたい!
・古典×現代2020の限定グッズが気になる!

など、古典×現代展の平日・休日の混雑状況や限定グッズ、口コミなどをまとめてみました。

せっかく行くなら並びたくないですよね。混雑していない時間帯を選んで、ぜひ古典×現代展を堪能してください!

 



 

古典×現代2020の平日/休日の混雑状況!

古典×現代展の混雑状況についてですが、現時点でネット上で集めた情報をまとめてみました。

 

平日 午前中〜お昼にかけて混雑している。
休日 午前中から混雑している。

 

こりらくママ
土日は特に混雑しているみたいね・・・

 

都心からのアクセスも便利な国立新美術館での開催ということもあり、休日は特に混雑します。

平日行ける方は、平日の開館直後か夕方以降に行くとゆっくり鑑賞できます!

 

今回の企画展では、江戸時代以前の絵画や仏像、陶芸や刀剣の名品を、現代を生きる8人の作家の作品と対になるよう組み合わせ、展示されています。

 

古典側からは

・曾我蕭白
・尾形乾山
・円空
・仙厓義梵
・葛飾北斎

などの巨匠の作品や、鎌倉時代の仏像、江戸時代の花鳥画、刀剣の名品がずらりと展示されています。

 

また、現代側は

・川内倫子
・鴻池朋子
・しりあがり寿
・菅木志雄
・棚田康司
・田根剛
・皆川明
・横尾忠則

など、今の日本を代表するクリエイターたちがコラボレーションします!

 

古典と現代の作品を見比べることで、「古典の影響が現代に受け継がれている」などといった芸術の時代の流れを感じることができる企画展となっているので、新たな発見に期待しながら足を運んでみるのも良いですね!

 

古典×現代2020の平日の混雑状況は?

古典×現代展の平日の混雑状況について、もう少し詳しく見ていきましょう。

平日は午前中からお昼ごろにかけて混み合います。時間帯にすると11:00〜13:00頃ですね。国立新美術館は六本木界隈にありますので、企画展を楽しんでからランチに繰り出そうという方が多いのではと予想しています。

 

▼国立新美術館に平日行った人の声(過去開催)

 

こりらくママ
平日に行くなら14:00以降がオススメ!

 

国立新美術館周辺でランチを楽しみたい方などが午前中から来館するので、平日は14時以降なら混雑無く作品を堪能できるのでオススメです!

 

古典×現代2020の休日の混雑状況は?

古典×現代展ですが、休日は午前中から混雑しています!

遠方など、平日に行けない方が来館するため、平日に比べ、休日は全体的にたくさんの人が訪れます。

 

▼国立新美術館に休日に行った人の声(過去開催)

 

こりらくママ
休日なら15時以降がオススメ!

 

休日は入場待機列はなくても、チケット購入列が長いということもあります。休日に行く方は、前売りチケットの購入をしておくのがおすすめです!

 

古典×現代2020の待ち時間や穴場の時間帯は?

古典×現代展の混雑状況は分かったけど、

こりらくママ
どのくらいの待ち時間を予想したら良いかな?

 

古典×現代展の待ち時間や穴場の時間を、まとめてみました!

 

  待ち時間 穴場な時間
平日 0〜5分 14:00以降の入場
休日 0〜20分 15:00〜閉館時間

 

こりらくママ
平日、休日共に午後から夕方の時間帯が穴場!

 

こりらくママ
当面の間は夜間開館は中止だよ!

 

国立新美術館では毎週金・土曜日は20:00まで夜間開館をしていますが、新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、当分の間は夜間開館はされておりません。

夜間開館についての詳細は、公式サイトをご確認ください。

 

国立新美術館・開館時間についてのお知らせ

 

古典×現代2020の情報まとめ

古典×現代展の情報についてまとめていきます。グッズ情報などを先取りして準備万端で会場にお越しくださいね。

 

古典×現代2020のチケット情報

【日時指定観覧券(税込)】

一般 700円
大学生 1,100円
高校生 700円

 

*新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、本展では団体券の販売は行われません。
*中学生以下、または障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料ですが、オンラインでの「日時指定券(無料)」の予約が必要です

 

新型コロナウィルスの感染予防対策の為、国立新美術館では日時指定鑑賞券が発売されています。

第1期分(6/24~7/13) 6月17日(水)10:00~ 販売
第2期分(7/15~8/3)   7月1日(水)10:00~ 販売
第3期分(8/5~8/24)  7月22日(水)10:00~ 販売

 

国立新美術館・日時指定鑑賞券購入サイトはこちら

 

古典×現代2020の限定グッズはこれ!

古典×現代展のオリジナルグッズですが、

・図録<図録本体のみの通常版(販売価格:税込み2500円)>
・図録<「展覧会ドキュメント」と通常版をケースにおさめたセット版(同3800円)>
・湯桶 しりあがり寿「ちょっと可笑しなほぼ三十六景 メビウスの桶」 5500円(税込み)
・エコバッグ 棚田康司  3080円(税込み)
・Tシャツ 菅木志雄 3300円(税込み)
・ポーチ 各1375円(税込み)
・ポストカードセット6枚 皆川明 990円(税込み)
・マスキングテープ 刀剣×鴻池朋子 462円(税込み)
・マスキングテープ 円空×棚田康司 462円(税込み)
・マスキングテープ 葛飾北斎×しりあがり寿 616円(税込み)

など、古典×現代展ならではのコラボグッズが多数並んでいます。

 

 

古典×現代展に行った際は、ショップも要チェックです!

 

古典×現代2020の口コミは?

ツイッターで古典×現代2020をおすすめするツイートを見つけました!

 

今回の古典×現代2020のオススメポイントとしては

①古典×現代のコラボレーション!
②8人もの有名作家のここでしか見ることのできない展示!

といったところですね。

 

こりらくママ
古典と現代のコラボはぜひ見たい!

 

新型コロナウィルスの影響で、美術館を休館を余儀なくされていましたが、待ちに待った開幕で「再開を待っていた!」との期待の声が高まっています!

混雑を避けながら、ぜひゆっくり作品を堪能したいですね!

 



 

古典×現代2020の詳細

古典×現代展の詳細な情報は以下になります。

会 期 2020年6月24日(水)~8月24日(月)
開館時間 10:00~18:00
休館日 毎週火曜日(火・祝の時は翌平日休館)
アクセス 東京メトロ千代田線乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分

乃木坂駅、六本木駅どちらからでもアクセスが便利なので、休日は遠方や地方からいらっしゃる方も多くいます。都心からのアクセスが便利なのは嬉しいですね!

 

まとめ

古典×現代展の混雑状況や穴場の時間帯、グッズなどについてまとめてきました。

・平日、休日ともにお昼ごろにかけて混雑する!
・平日、休日ともに午後から夕方にかけてが穴場!
・古典×現代2020コラボグッズは要チェック!

 

こりらくママ
古典×現代2020に早く行きたい!

 

魅力満載の古典×現代展で、日本の美を新たな視点からお楽しみください!



NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!