ポーランド映画ポスター展の平日・休日の混雑状況!限定グッズや口コミまとめ

2019年12月13日(金)から2020年3月8日(日)まで、東京・京橋の国立映画アーカイブにて「日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ポーランドの映画ポスター」が開催されます。

第二次世界大戦の終結以後、共産主義の道を歩むこととなったポーランドで、新世代のアーティストによる自由な表現がもっとも推し進められたのが映画とグラフィック・デザインという二つの分野です。

なかでも映画ポスターにおいてはロマン・チェシレヴィチ、ヤン・ムウォドジェニェツなどのデザイナーたちが活躍しました!

 

また、今回のポーランドの映画のポスター展は、日本とポーランドの国交樹立100年を記念する企画です!

1950年代後半から1990年代前半までに制作された、国立映画アーカイブ所蔵品を中心とする96点の映画ポスターが紹介されます。

アメリカやヨーロッパ映画のポスターだけでなく、日本の映画のポスターもあります!なかなかポーランドの映画ポスターを一度に見ることのできる機会はなく、貴重な機会となっています。

 

ポーランドの映画のポスター展/東京は、どのくらい混雑するのか気になるところですよね。

 

こりらくママ
結論から言うと・・・

平日・休日ともに混む時間帯があると予想されます!

 

さらに今回の記事では深掘りをしていって、

・ポーランドの映画のポスター展の穴場の時間帯はいつだろう?
・ポーランドの映画のポスター展をゆっくり見れる時間が知りたい!
・ポーランドの映画のポスター展の限定グッズが気になる!

など、ポーランドの映画のポスター展の平日・休日の混雑状況や限定グッズ、口コミなどをまとめてみました。

 

せっかく行くなら並びたくないですよね。混雑していない時間帯を選んで、ぜひポーランドの映画のポスター展を堪能してください!

 

ポーランドの映画のポスター展の平日/休日の混雑状況

ポーランドの映画のポスター展の混雑状況についてですが、開催前になるので、詳細はまだ不明です。現時点でネット上で集めた情報をまとめてみました。

平日 午後から混雑が予想される
休日  午後〜夕方にかけて混雑が予想される

 

ポーランドの映画ポスター展は、開催前から話題になっており、平日、休日ともに混む時間があると予想しています。

ですが、平日の方が休日と比べると、混み具合は少ないので、平日に行ける方は平日に行くのがおすすめです。

 

 

ツイッターでも関心の高さが伺えるツイートがありましたので、実際に開催されてから多くの方が押し寄せる可能性もありますね!

 

ポーランドの映画のポスター展の平日の混雑状況は?

ポーランドの映画のポスター展の平日の混雑状況について、もう少し詳しく見ていきましょう。

結論からいうと、平日は混む時間もあると予想しています。

 

国立映画アーカイブは、日本で唯一の国立映画機関で、企画展のほかに映画作品の上映も行っています。

そのため、映画の上映時間前後は混雑が見込まれます。

▼平日に行った人の感想

ポーランドの映画のポスター展開催期間中も、映画の上映時間付近は混む見込みです。

 

こりらくママ
映画上映の時間帯は避けた方がベスト!

 

平日の映画上映時間付近を避けていくのがおすすめです!また、映画上映時間中は、企画展鑑賞の人は減ってくるので、ゆったり見ることができそうですね!

 

ポーランドの映画のポスター展の休日の混雑状況は?

結論から言うと、休日は午後から混むと予想しています。

遠方など、休日にしか来れない方もいますので、平日より休日の方が人が多い見込みです。

 

また、仄暗さがあるポーランドの映画ポスターは、ファンも多く、楽しみにしている方もすでに見られます。

▼ポスター展を楽しみにしている人の声

 

特に、映画上映時間付近は、映画と一緒に企画展も見ようという人で混み合いますので、映画上映時間付近以外の時間での鑑賞をおすすめします。

 

▼過去の休日にいった人の声

映画上映中は、映画目的の方は企画展に少なくなるので、休日も平日と同じく、映画上映時間中の鑑賞がおすすめです。

 

ポーランドの映画のポスター展の待ち時間や穴場の時間帯は?

ポーランドの映画のポスター展の混雑状況は分かったけど、

こりらくママ
どのくらいの待ち時間を予想したらいいのかな?

ポーランドの映画のポスター展の待ち時間や穴場の時間を、まとめてみました!

  待ち時間 穴場な時間
平日 0〜10分 映画上映時間中
休日 0〜10分  映画上映時間中

 

こりらくママ
映画目的の人が少なくなる、映画上映時間中が穴場!!

 

映画ファンの人たちは映画上映の時間帯を狙ってきますので、ゆっくりと作品に浸りたい!という方は映画上映の時間帯を狙ってみるのがオススメです!

 

ポーランドの映画のポスター展情報まとめ

ポーランドの映画のポスター展の詳細についてまとめていきます!チケットのお得な買い方などをチェックしてもらって、事前の準備万端な状態で楽しまれてくださいね。

チケット情報

 

一般 250円(200円)
大学生 130円(60円)

※シニア・高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料
*料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含みます。
*( )内は20名以上の団体料金です。
*学生、シニア(65歳以上)、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものをご提示ください。
*国立映画アーカイブの上映観覧券(観覧後の半券可)をご提示いただくと、1回に限り団体料金が適用されます。

 

ポーランドの映画のポスター展の限定グッズは?

現時点で、ポーランドの映画のポスター展のグッズは確認できません。

しかし、調べてみたところ、過去、グッズ販売があった展覧会もあるようです。

▼過去に国立映画アーカイブで開催された展覧会のグッズ情報

 

また、過去に開催された別場所でのポーランドのポスター展は、グッズがあった展覧会とない展覧会があるようです。

▼過去に開催されたポーランドのポスター展のグッズ情報

開催前のため、詳細はまだ発表されていませんので、公式サイトをこまめにチェックしておくのがおすすめです!

ポーランドの映画ポスター展・公式サイト

もちろんグッズ販売がなくても、魅力的な展覧会なので、ぜひ足を運んでくださいね。

 

ポーランドの映画のポスター展の口コミは?

ポーランドの映画のポスター展のおすすめツイートを見つけました!

 

今回のポーランドの映画のポスター展のオススメポイントとしては

①国立映画アーカイブ所蔵品を中心とする96点の映画ポスターが集合!
②日本の映画のポスターもある
③入場料が250円と格安!

と行ったところですね。

できれば、混雑を避けてゆっくり見たい展示になっていますので、その世界観にどっぷりとハマりたいですね!

 



 

ポーランドの映画のポスター展の詳細

ポーランドの映画のポスター展の詳細な情報は以下になります。

会場 国立映画アーカイブ 展示室(7階)
会期 2019年12月13日(金)-2020年3月8日(日)
前期展示:12月13日(金)~1月26日(日)、後期展示:1月28日(火)~3月8日(日)
休室日 月曜日、12月28日(土)~1月3日(金)は休室です。
開室時間  11:00am-6:30pm(入室は6:00pmまで)
*毎月末金曜日は11:00am-8:00pm(入室は7:30pmまで)
アクセス 東京メトロ銀座線京橋駅出口1から昭和通り方向へ徒歩1分
都営地下鉄浅草線宝町駅出口A4から中央通り方向へ徒歩1分
東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅出口7より徒歩5分
JR東京駅下車、八重洲南口より徒歩10分

東京駅からも徒歩圏内なので、地方から来た方も足を運びやすいですね!東京駅周辺の町並みを散策しながら会場に向かうのもありかなと思います。

 

まとめ

ポーランドの映画のポスター展の混雑状況や穴場の時間帯などについてまとめてきました。

・平日・休日ともに混む時間帯あり!
・平日・休日ともに映画時間中が穴場!
・ポスターが96点も集合するのは見逃せない!

こりらくママ
映画ファンもそうでない人も会場へGO!

仄暗く、それでいて魅力的なポーランドの映画のポスター展で楽しいひと時をお過ごしください!



NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!