筆魂展/すみだ北斎美術館の平日・休日の混雑状況!限定グッズや口コミまとめ

2021年2月9日(火)から4月4日(日)まで、すみだ北斎美術館にて「筆魂 線の引力・色の魔力」展 が開催されます。

浮世絵の源流である肉筆画に着目した展覧会です。

300年に及ぶ浮世絵の歴史を紹介するとともに、喜多川歌麿や東洲斎写楽、葛飾北斎など、約60人の浮世絵師の肉筆画約125点から、巧みな線や色彩が織りなす魅力に迫ります。

 

「筆魂 線の引力・色の魔力」展 は、どのくらい混雑するのか気になるところですよね。

 

こりらくママ
結論からいうと・・・

 

休日はお昼前後に混み合うものの、平日は比較的落ち着いて鑑賞できます!

 

さらに今回の記事では深掘りをしていって、

・「筆魂 線の引力・色の魔力」展 の穴場の時間帯はいつだろう?
・「筆魂 線の引力・色の魔力」展 をゆっくり見れる時間が知りたい!
・「筆魂 線の引力・色の魔力」展 の限定グッズが気になる!

など、「筆魂 線の引力・色の魔力」展 の平日・休日の混雑状況や限定グッズ、口コミなどをまとめてみました。

 

せっかく行くなら並びたくないですよね。混雑していない時間帯を選んで、ぜひ「筆魂 線の引力・色の魔力」展 を堪能してください!

 



 

筆魂展/すみだ北斎美術館の平日・休日の混雑状況!

「筆魂 線の引力・色の魔力」展 の混雑状況についてですが、現時点でネット上で集めた情報をまとめてみました。

 

平日 比較的落ち着いて鑑賞できる
休日 お昼前後は混み合っている

 

こりらくママ
やはり休日は混雑するのね・・・

 

浮世絵といえば版画が連想されますが、絵師が絵筆をふるった一点ものの肉筆画のほうが発生は古く、複雑で奥深い彩色技法や、描き手の筆づかいを直接感じることができます。

今回の展示でも、重要文化財、重要美術品、新発見、再発見、初公開作品約40点を含む見どころ満載の展覧会となっていますので、浮世絵の源流である肉筆画を通して浮世絵の歴史を思う存分堪能できるのが魅力ですね!

 

筆魂展/すみだ北斎美術館の平日の混雑状況は?

「筆魂 線の引力・色の魔力」展 の平日の混雑状況について、もう少し詳しく見ていきましょう。

一番混雑するのはお昼前後。具体的には11:00〜14:00頃ですね。会場がある両国周辺は江戸東京博物館や両国国技館などもあり、平日は午前中から観光客が来場するのではと予想しています。

 

▼平日にすみだ北斎美術館に行った人の声(過去開催)

 

 

すみだ北斎美術館での過去の展覧会を調べてみたところ、平日は比較的空いているものの、昼頃にかけて混んでいるようでした。

 

こりらくママ
平日は14:00以降がオススメ!

 

平日は比較的ゆっくり鑑賞できますが、14:00以降でしたら混雑を気にすることなく作品を堪能できます。

 

筆魂展/すみだ北斎美術館の休日の混雑状況は?

「筆魂 線の引力・色の魔力」展の休日ですが、お昼前後にかけて混雑しています!

 

▼休日にすみだ北斎美術館に行った人の声(過去開催)

 

 

どうしても、休日は平日に比べて人が多いです。過去の開催を見ると、休日は昼にかけて混んでいるようでした。

 

こりらくママ
休日に行くなら15:00以降がオススメ!

 

休日は午前中から混雑してきますので、午前中の混雑の波が落ち着く15:00以降だと、比較的ゆっくり鑑賞できます。

 

筆魂展/すみだ北斎美術館の待ち時間や穴場の時間帯は?

「筆魂 線の引力・色の魔力」展 の混雑状況は分かったけど、

こりらくママ
どのくらいの待ち時間を予想したらいいのかな?

 

「筆魂 線の引力・色の魔力」展 の待ち時間や穴場の時間を、まとめてみました!

 

  待ち時間 穴場な時間
平日 0〜15分  14:00以降
休日 0〜20分 15:00〜閉館時間

 

こりらくママ
会場は17:30まで開いているよ!

 

平日はゆっくり鑑賞できそうですが、休日は午前中から混雑が予想されます。また、会期終了が近づくと特に休日は混雑しますので、休日に行く予定の方は開催直後の早めの来館がオススメです!

 

筆魂展/すみだ北斎美術館の情報まとめ

「筆魂 線の引力・色の魔力」展の情報をまとめていきます。お得な情報を事前にチェックして、準備万端で会場にお越しください。

 

チケット情報

<拝観料>

一般 1,200円
高校生・大学生 900円
5歳以上 900円
中学生 400円
障がい者 400円 400円

 

※小学生以下 無料
※当面のあいだ、団体受付はなし
※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証を要提示
※65歳以上は年齢を証明できるものを要提示

 

筆魂展/すみだ北斎美術館の限定グッズはこれ!

「筆魂 線の引力・色の魔力」展 のオリジナルグッズは、現在情報解禁されていません。公式サイトをこまめに要チェックです!

 

ちなみに、過去開催の企画展では、

・キーホルダー
・トートバッグ
・タオル
・クリアファイル

などが販売されていました。

 

 

 

上記のようなグッズは販売されている見込みです!「筆魂 線の引力・色の魔力」展 にいったら、ショップも見逃せません!

 

 

 

緊急事態宣発令中はショップは時短営業になります。行きたい方は上記時間内にいくようにしてください!

 

筆魂展/すみだ北斎美術館の口コミや感想は?

SNSで「筆魂 線の引力・色の魔力」展 のおすすめ投稿を見つけました!

 

 

今回の「筆魂 線の引力・色の魔力」展 のオススメポイントとしては

①浮世絵の源流である肉筆画に着目!
②300年に及ぶ浮世絵の歴史を紹介!
③喜多川歌麿や東洲斎写楽、葛飾北斎など、約60人の浮世絵師の肉筆画約125点!

といったところですね!

 

こりらくママ
肉筆画約125点の展示はかなり楽しみ!

 

肉筆画の「肉」とは「生身」を意味し、錦絵や摺物といった浮世絵版画とは異なり、絵師が絵筆で直接紙や絹に描くことを示します。本展は浮世絵の中でも肉筆画のみを約125点あつめ、以下の構成で浮世絵の歴史を縦覧します。

さらに、肉筆画一点一点を通し、絵師たちの意志の赴くままの筆づかいや、面や点であらわされた色づかいを作品を通して感じることができるので、浮世絵ファンならずとも非常に興味深い作品が盛りだくさんです!

 



 

筆魂展/すみだ北斎美術館の詳細

「筆魂 線の引力・色の魔力」展 の詳細な情報は以下になります。

 

会期 2021年2月9日(火)~4月4日(日)
前後期で一部展示替えを実施予定
[前期 2月9日(火)~3月7日(日) / 後期 3月9日(火)~4月4日(日)]
休館日 月曜日
開館時間 9:30〜17:30(入館は17:00まで)
アクセス 都営地下鉄大江戸線「両国駅」A3出口より徒歩5分
JR総武線「両国駅」東口より徒歩9分
都営バス「都営両国駅前」より徒歩5分
墨田区内循環バス「すみだ北斎美術館前(津軽家上屋敷跡)停留所」からすぐ

 

 

まとめ

「筆魂 線の引力・色の魔力」展 の混雑状況や穴場の時間帯、グッズなどについてまとめてきました。

・平日は比較的ゆっくり鑑賞できる!

・休日は15:00以降がおすすめ!
・約60人の浮世絵師の肉筆画約125点は必見!!

 

こりらくママ
筆魂展に行くしかない!

 

魅力満載の「筆魂 線の引力・色の魔力」展 で、北斎の圧巻の浮世絵をお楽しみください!

 



NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!