ミネアポリス美術館展の平日・休日の混雑状況!限定グッズや口コミまとめ

2021年4月14日(水)から6月27日(日)まで東京・六本木のサントリー美術館にて開館60周年記念展 「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品」が開催されます。

アメリカ中西部ミネソタ州最大の都市・ミネアポリスにあるミネアポリス美術館は世界各地の9万点を超える美術作品を所蔵。そのうち日本絵画のコレクションは、約2,500点の浮世絵を筆頭に、質・量ともに高く評価されています。

 

ミネポリアス美術館のコレクションを日本でも見れるこの機会を見逃したくないですよね!でも混雑しそう…と思ってしまいますが実際どうなのか調べてみました。

 

こりらくママ
結論からいうと・・・

 

休日は混雑しますが、平日は比較的穴場です!

 

さらに今回の記事では深掘りをしていって、

・ミネアポリス美術館展の穴場の時間帯はいつだろう?

・ミネアポリス美術館展ゆっくり見れる時間が知りたい!

・ミネアポリス美術館展の限定グッズが気になる!

など、ミネアポリス美術館 日本絵画の名品展の混雑状況や限定グッズ、口コミなどをまとめてみました。

 

せっかく行くならできるだけ余裕がある時間帯に行きたいですよね。混雑していない時間帯を選んで、ぜひ堪能してください!

 



 

ミネアポリス美術館展の平日/休日の混雑状況は?

ミネアポリス美術館展の混雑状況についてですが、現時点でネット上で集めた情報をまとめてみました。

 

平日 比較的ゆっくり鑑賞できる
休日 お昼にかけて混雑してくる 

 

こりらくママ
やはり休日は混雑するのね・・・

 

過去の展示会情報を見ると、日にちや時間帯でかなり混雑のばらつきがあったようです。

 

 

Twitterの口コミのよると、緊急事態宣言が解除されると以前のように入館料が500円のイベントなどあるかもしれません。そういう時は、当然混雑が予想されます。

ただし、まだコロナが油断を許さない状況ですので、すぐに警戒を解くことは考えにくいですので、前売り券を強化するなど混雑緩和がなされることも予想できます。

 

ミネアポリス美術館展の平日の混雑状況は?

ミネアポリス美術館 日本絵画の名品展の平日の混雑状況ですが、もう少し詳細にチェックして行きますね。

以前の展示会の投稿をみると、平日は比較的空いていたという声が多かったです。

 

 

こりらくママ
平日に行くなら午前中か閉館時間近くがおすすめ!

 

この投稿もゆっくり見ることができたといっています。現在は三密回避がとても重視されていますので、平日でしたら午前中か閉館間際だと混雑を気にすることなく作品を楽しめそうです。

 

ミネアポリス美術館展の休日の混雑状況は?

ミネアポリス美術館展の休日の混雑状況ですが、休日は混雑しています!

 

 

こりらくママ
休日に行くなら開館直後がオススメ!

 

こちらの投稿は休日の午後で少しの混雑とのことですが、企画展の内容によって込み具合も変わってくるようです。過去開催のものの中には大混雑したという投稿もありました。

時間帯や日にちでもかなり差が出ると思いますが、開館直後の午前中でしたら比較的混雑も落ち着いていますのでゆっくり鑑賞できそうです。

 

ミネアポリス美術館展の待ち時間や穴場の時間帯!

ミネアポリス美術館展の混雑状況は分かったけど、

こりらくママ
待ち時間はどのくらいなのかな?

 

ミネアポリス美術館展の待ち時間や穴場の時間を、まとめてみました!

 

  待ち時間 穴場な時間
平日 0〜10分 午前中/閉館間際
休日 0〜20分 開館直後

 

こりらくママ
平日、休日共に午前中が穴場!

 

2021年の3月現時点では、予約制ではないものの緊急事態宣言下という影響もあり、大混雑ということはないようです。ただし、4月には解除されていますので、一般的に混雑しやすい昼は避けた方が混雑しにくいと考えられます。

 

ミネアポリス美術館展の情報まとめ

ミネアポリス美術館展の詳細についてまとめていきます!チケットのお得な買い方や限定グッズなどをチェックしてもらって、事前の準備万端な状態で楽しまれてくださいね。

 

チケット情報

 

一般 1500円(1300円)
大学生・高校生  1000円(800円)

※中学生以下は無料
※(カッコ内)は前売り券の値段です。

 

【チケット発売期間】

前売券:2020年12月16日(水)10:00~2021年4月13日(火)23:59
当日券:2021年4月14日(水)0:00~2021年6月27日(日)15:00

 

チケット購入はこちらから

 

ミネアポリス美術館展の限定グッズはこれ!

ミネアポリス美術館展のグッズについては、現時点では発表されていません。詳細が分かり次第、追記いたします。

 

また、ミネアポリス美術館展のグッズではないですが、ミュージアムのオリジナル限定グッズが可愛くてきれいです。

・香合:20900円
・ハードカバーノート:1100円
・色鍋島小皿:1枚1833円

など、所蔵品をモチーフにしたオリジナル商品に加え、生活に彩りをそえるセレクトアイテムを取り揃えています。

展示物を模したオリジナルグッズなので、鑑賞の際によって購入してみてはいかがでしょうか。

 

 

ミネアポリス美術館展の口コミや感想は?

やはりミネアポリスが所蔵する日本画を鑑賞することができることを楽しみにしている人は多いでしょう。

 

 

筆者一押しは葛飾北斎の冨獄三十六景です。教科書ではなく、本物を間近に見るとオーラに圧倒されること間違いなしです。

 

ミネアポリス美術館 日本絵画の名品展のオススメポイントとしては

①約2600点のコレクションを厳選して展示している
②浮世絵・水墨画を堪能できる
③「奇想」の画家の作品を見ることができる

といったところですね。

 

こりらくママ
ミネアポリス美術館所蔵の浮世絵がぜひ見たい!

 

やはりミネアポリス美術館は所蔵作品が多いことが知られています。日本画も約2600点もの所蔵品があり、その中でも厳選されたものが日本で見ることが出来るのは嬉しい所です。

展示会では浮世絵や水墨画を見ることができます。西洋画とは全く違った魅力があり、見て飽きないこと間違いなしです。筆者のお勧めは水墨画です。失敗が許されない緊張感で描いたであろう水墨画の作者の息遣いを間近に感じることが出来るような気がします。

そして、「奇想」と呼ばれる画家の作品も見ることができます。「奇想」とは、江戸時代後期の従来の流派や様式にとらわれない画風の作品たちのことです。構図やデフォルメが斬新であり、違った雰囲気を醸し出す日本画を堪能できます。

 



 

ミネアポリス美術館展の詳細

ミネアポリス美術館展の詳細は以下になります。

 

開催期間 2021年4月14日(水)〜6月27日(日)
※会期中に展示替えあり
開館時間 10:00〜18:00
※金・土曜日および4月28日(水)・5月2日(日)〜4日(火・祝)は20:00まで
※入館は閉館30分前まで
休館日 火曜日
※5月4日(火・祝)は20:00まで、6月22日(火)は18:00まで開館
場所 サントリー美術館
アクセス ・都営地下六本木駅出口8より直結
・東京メトロ日比谷線六本木駅より地下通路にて直結
・東京メトロ千代田線乃木坂駅出口3より徒歩約3分
・都営バス(渋谷発)都01「六本木駅前」下車徒歩約2分

 

 

まとめ

ミネアポリス美術館展の混雑状況や穴場の時間帯、限定グッズなどについてまとめてきました。

■ 平日は比較的ゆっくり見ることが出来る
■ 休日の混雑が予想されるために午前中や閉館間際がおすすめ
■ 豊富な日本画のコレクションを堪能できる

 

こりらくママ
混雑を避けながら、ミネアポリス美術館展を堪能しよう!

 

春になってお出かけがしたくなる時期に、本物の風景も良いですが、絵画の風景で息抜きをするというのも日々を潤してくれるはずです。ご興味がある方は、是非混雑の参考にしていただけると幸いです。

 



NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!