アーティゾン美術館Steps Ahead新収蔵作品展示の混雑状況!限定グッズや口コミまとめ

2021年2月13日(土)から5月9日(日)まで、アーティゾン美術館にて「Steps Ahead 新収蔵作品展示」が開催されます。

アーティゾン美術館の新収蔵作品約120点を含む、約250点の作品を紹介する展覧会です。

キュビスムの画家、アンリ・マティスのドローイング、抽象表現主義の女性画家、そしてオーストラリアの現代絵画など、多岐にわたるコレクション作品が展示されます。必見!

 

Steps Ahead 新収蔵作品展示が、どのくらい混雑するのか気になるところですよね。

 

こりらくママ
結論から言うと・・・

 

休日は午前中から混雑しますが、平日は比較的落ち着いて鑑賞できます!

 

さらに今回の記事では深掘りをしていって、

・Steps Ahead 新収蔵作品展示の穴場の時間帯はいつだろう?
・Steps Ahead 新収蔵作品展示をゆっくり見れる時間が知りたい!
・Steps Ahead 新収蔵作品展示の限定グッズが気になる!

など、Steps Ahead 新収蔵作品展示の平日・休日の混雑状況や限定グッズ、口コミなどをまとめてみました。

 

せっかく行くなら並びたくないですよね。混雑していない時間帯を選んで、ぜひSteps Ahead 新収蔵作品展示を堪能してください!

 



 

アーティゾン美術館Steps Ahead新収蔵作品展示の平日/休日の混雑状況!

Steps Ahead 新収蔵作品展示の混雑状況についてですが、現時点でネット上で集めた情報をまとめてみました。

 

平日 比較的落ち着いて鑑賞できる
休日 午前中から混雑する

 

こりらくママ
やはり休日は混雑するのね・・・

 

「Steps Ahead: Recent Acquisitions 新収蔵作品展示」は、アーティゾン美術館の新収蔵作品約120点を含む、約250点の作品を紹介する展覧会です。

キュビスムの画家、アンリ・マティスのドローイング、抽象表現主義の女性画家、そしてオーストラリアの現代絵画など、多岐にわたるコレクション作品が展示されるとのことで、早くも話題になっています。

アーティゾン美術館の新収蔵作品をいち早く見たいですね!

 

アーティゾン美術館Steps Ahead新収蔵作品展示の平日の混雑状況は?

Steps Ahead 新収蔵作品展示の平日の混雑状況について、もう少し詳しく見ていきましょう。

一番混雑するのはお昼前後。具体的には11:00〜14:00頃ですね。アーティゾン美術館で名画に触れた後にランチに繰り出す人が多いのでは?と予想しています。

 

▼平日に行った人の声(過去開催)

 

 

こりらくママ
平日に行くなら開館直後がオススメ!

 

平日は比較的ゆっくり鑑賞できますが、開館直後〜午前中でしたら混雑を気にすることなく作品に没頭できるのでオススメです!

また、現在、アーティゾン美術館は日時指定チケット制です。そのため、待ち時間はほぼないです!

 

アーティゾン美術館Steps Ahead新収蔵作品展示の休日の混雑状況は?

アーティゾン美術館の休日ですが、午前中から混み合っています!

 

▼休日に行った人の声(過去開催)

 

 

こりらくママ
休日に行くなら15:00以降がオススメ!

 

休日は地方や遠方からも多数の方がアーティゾン美術館に来られます。午前中から混雑し始めますが、15:00以降になると混雑も徐々に落ち着いてきます。

また、会期終了間近になると休日は特に混雑してきます。休日に行かれる予定の方は、ぜひ早めにご来場ください。

 

アーティゾン美術館Steps Ahead新収蔵作品展示の待ち時間や穴場の時間帯は?

Steps Ahead 新収蔵作品展示の混雑状況は分かったけど、

こりらくママ
どのくらいの待ち時間を予想したらいいのかな?

 

Steps Ahead 新収蔵作品展示の待ち時間や穴場の時間を、まとめてみました!

 

  待ち時間 穴場な時間
平日 0〜10分 開館直後 
休日 0〜10分 15:00〜閉館時間 

 

こりらくママ
休日は午後以降が穴場!

 

アーティゾン美術館では毎週金曜日の夜間開館は、当面の間は中止となっております。コロナ禍での開催となりますので、会場にお越しの際は公式サイトをご確認の上、来場くださいね。

 

アーティゾン美術館Steps Ahead新収蔵作品展示の情報まとめ

Steps Ahead新収蔵作品展示の情報をまとめていきます。お得な情報を事前にチェックして準備万端で会場にお越しくださいね!

 

チケット情報

 

一般・ウェブ予約チケット 1,200円 
一般・当日チケット(窓口販売) 1,500円

※大学生・専門学校生・高校生は無料(要ウェブ予約)
※中学生以下は無料(予約不要)
※価格はいずれも税込
※2020年12月13日(日)よりウェブ予約開始

 

Steps Ahead 新収蔵作品展示の限定グッズはこれ!

Steps Ahead 新収蔵作品展示のオリジナルグッズですが、以下のグッズが販売されています。

・STEPS AHEAD 新収蔵作品展示 カタログ ¥2,640(税込)
・STEPS AHEAD 新収蔵作品展示 オリジナルマルシェバッグ(限定品)¥1,760(税込)

 

 

また、アーティゾン美術館のミュージアムショップでも、様々なグッズが揃っていますので、Steps Ahead 新収蔵作品展示に行った際はぜひショップにお立ち寄りください。

 

アーティゾン美術館Steps Ahead 新収蔵作品展示の口コミや感想は?

SNSでSteps Ahead 新収蔵作品展示に関する投稿を見つけました!

 

 

今回のSteps Ahead 新収蔵作品展示のオススメポイントとしては

①アーティゾン美術館の新収蔵作品約120点を含む、約250点の作品を紹介する展覧会!
②キュビスムの画家、アンリ・マティスのドローイング、抽象表現主義の女性画家、そしてオーストラリアの現代絵画など、多岐にわたるコレクション作品を展示!

といったところですね。

 

こりらくママ
抽象表現主義の女性画家の作品は必見!

 

第二次世界大戦期には、ヨーロッパからアメリカへと多数の芸術家が亡命し、戦後は美術界の中心がアメリカへと移りました。

激しい表現を特徴とする抽象表現主義は戦後アメリカを代表する動きであり、ジャクソン・ポロックといった画家が活躍する一方で女性画家も足跡を残す活躍をしました。

会場では、エレイン・デ・クーニング《無題(闘牛)》やリー・クラズナーの《ムーンタイド》など、抽象表現主義の女性画家による作品が鑑賞できる貴重な機会となっております。

会場にお越しの際はぜひゆっくりと作品に浸ってくださいね。

 



 

アーティゾン美術館Steps Ahead新収蔵作品展示の詳細

Steps Ahead 新収蔵作品展示の詳細な情報は以下になります。

 

会期 2021年2月13日(土)〜5月9日(日)
会場 アーティゾン美術館 6階・5階・4階展示室
開館時間 10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)
※毎週金曜日の夜間開館は、当面のあいだ中止
休館日  月曜日(5月3日(月・祝)は開館)
アクセス JR東京駅(八重洲中央口)、東京メトロ銀座線・京橋駅(6番、7番出口)、東京メトロ・銀座線/東西線/都営浅草線・日本橋駅(B1出口)から徒歩5分

 

ミュージアムタワー京橋駐輪場がビル東側にございます。美術館エントランス側から八重洲通りに沿ってお進み頂き、ビルの裏側にお回りください。(12基・2時間毎100円)

駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用ください。

 

まとめ

アーティゾン美術館Steps Ahead新収蔵作品展示の混雑状況や穴場の時間帯、グッズなどについてまとめてきました。

・平日は開館直後、休日は15:00以降が穴場!
・平日、休日ともに日時指定チケット制のため、待ち時間はほぼなし!
・アーティゾン美術館所蔵の約250点の作品を紹介する展覧会は貴重!

 

こりらくママ
アーティゾン美術館の新所蔵作品をゆっくり見たい!

 

魅力満載のSteps Ahead 新収蔵作品展示で前進を続けるアーティゾン美術館をぜひ楽しんでください!

 



NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!