亀山八幡宮初詣2021の混雑状況や参拝時間は?屋台や口コミまとめ

山口県下関市亀山八幡宮は「関の神様」と親しまれています。由来は平安時代の大分の宇佐神宮から分霊されたということですので、1000年以上の歴史があります。

遠い昔は島だったそうで、現在は陸続きになっていますが航海安全を祈り続けてきたと考えられています。やはり山口の神社は大陸から近いので歴史も深いですね。

 

そんな昔ながらの亀山八幡宮に初詣に行ってみませんか?近年は氏神様以外にも初詣に来る方も増えているそうです。初めて参拝される方のために混雑状況を調べてみました。

 

こりらくママ
結論からいうと・・・

 

元旦の年越しと日中が混雑しますが、2,3日は、人は多いものの比較的参拝しやすいです。

やはり初詣なので、もちろん混雑しますが、大都市の神社ではないでの比較的参拝しやすい神社といえます。ただし元旦はやはり人が多く、参拝に非常に時間がかかります。

 

さらに今回の記事では深掘りをしていって、



・亀山八幡宮初詣の穴場の時間帯はいつだろう?

・亀山八幡宮でゆっくり参拝できる時間が知りたい!

・亀山八幡宮の屋台が気になる!

など、亀山八幡宮の初詣の混雑状況や屋台情報、口コミなどをまとめてみました。

 

やはりできるだけ混まない時間帯にお参りしたいですよね!出来るだけゆっくりした時間帯を狙ってご参拝の参考にされてください。

 



 

亀山八幡宮初詣2021の混雑状況は?

亀山八幡宮・初詣の三が日の混雑状況についてですが、2020年についてネット上で調べてみました。

 

元旦 午前9時から午後5時くらいまで混雑する
1月2日 日中混んでいるものの比較的ゆっくり参拝出来る
1月3日 日中混んでいるものの比較的ゆっくり参拝出来る

 

こりらくママ
やはり元旦は混雑するのね・・・

 

元旦は特に混雑します!急がないならば、2,3日の方がゆっくり参拝出来そうです。

 

亀山八幡宮初詣2021の混雑する時間帯は?

亀山八幡宮の初詣で、混雑する時間帯についてもう少し詳細にチェックしていきます。

一番混んでいる時間帯は元旦の年明けです!

年明けは限定でふぐ雑炊が振舞われたりするので、身動きが取れない程混雑します。また、非常に寒い場所ですので、雑炊を食べるにしても、温かくしておくことは必須です。

 

こりらくママ
元旦に参拝するなら早朝か夕方以降がオススメ!

 

日中も混雑していますので、元旦にどうしても参拝したい人は早朝か夕方以降がおすすめです。特に夕方以降はだいぶ空いています。

 

亀山八幡宮初詣の1月2日〜3日の混雑状況は?

亀山八幡宮の1月2日〜3日にかけての混雑ですが、SNSに情報が出ていました。

 

 

3日のツイートですが、大混雑というほどではなさそうです。しかしやはり人が多そうですね。

夜のツイートだとかなり人が減っていますので、混雑が苦手な方は早朝か夕方以降がおすすめです。

 

 

亀山八幡宮初詣2021のお正月すぎの混雑状況は?

ツイッターを見ていると、4日以降は比較的参拝しやすそうです。

混雑をさけてゆっくり参拝されたい方は、三が日を避けての参拝がおすすめです。

 

 

亀山八幡宮初詣2021の参拝時間や穴場の時間帯は?

亀山八幡宮の初詣の参拝時間や穴場の時間を、まとめてみました!

 

  参拝時間 穴場な時間
元旦 0:00~21:00 早朝/夕方以降
1月2日 6:00~19:00  早朝/夕方以降
1月3日 6:00~19:00 早朝/夕方以降

 

 

こりらくママ
三が日は夕方以降が穴場!

 

 

 

3日の夜のツイートですが、ゆっくりしているようですね。やはり早朝や日没後などの時間が、参拝しやすい穴場の時間といえます。

 

亀山八幡宮初詣2021の屋台情報は?

亀山八幡宮の初詣の屋台についても調べてみました。

 

 

屋台は境内にそって数軒出店します。内容は、

・イカ焼き
・焼きそば
・フライドポテト

など初詣の定番が並びます。

屋台もよいのですが、個人的に下関はふぐがおすすめです。市内にはおいしいふぐ料理屋さんがたくさんありますので、是非ふぐを食べてみてください。

 

亀山八幡宮初詣2021の口コミや感想は?

亀山八幡宮には世界一大きいというふぐの像があります。

 

 

下関はふぐが名産地ですので、ふぐの像が出迎えてくれます。かなり大きいですのでびっくりしますが、インスタ映えで人気のスポットのようです。

 

その他、亀山八幡宮の初詣のオススメポイントとしては

①元旦のふぐ雑炊1000杯限定食べてみたい
②床屋発祥の地の石碑を見る
③亀の池を見る

といったところですね。

 

こりらくママ
ふぐ雑炊は是非食べたい!!

 

元旦年明けに限定で、ふぐ雑炊が1000杯無料で配布されます。無料で下関名物ふぐ雑炊は嬉しいですね!かなり混んでいますが、一年の年明けを祝うために早めに神社に並んでみるのも良い思い出になるかもしれません。

また、意外ですが下関は床屋発祥の地らしく石碑があります。由来は京都の公家さんが、蒙古襲来があっていた下関で新羅人から髪結いの方法を習い始めたのがきっかけらしいです。そのお店の床の間に大きな亀山天皇がまつってあったから床屋という名前になったそうです。一度見てみたいですね。

そして境内に「亀池」という池があります。推定100匹亀がいるそうですが、由来はもともと亀山神社が亀の形に似た島にあったために、昔から亀を大事にしているそうです。戦前は鶴までいたというので驚きですね!冬なので冬眠しているでしょうが、珍しいので押さえておきたいポイントです。

 



 

亀山八幡宮初詣2021の詳細

亀山八幡宮初詣の詳細な情報は以下になります。

 

例年の人出 約10万人
御神徳 商売繁盛 学業成就 縁結び 交通安全 家内安全 厄除け 安産祈願 健康長寿 合格祈願 航海安全 必勝祈願
アクセス 下関駅からバスで約5分
下関インターから車で10分

 

亀山八幡宮は駅が近く、下関インターからも近いのでかなり交通の便は良いです。

車は3が日中は混雑しますが、駅も近いので駐車場もパーキングもありますので、車を有料駐車場に停めて歩いて行ってもよいかもしれません。

ただし、関門海峡も含め、下関の海は非常に潮流が荒く、海風が寒いです。防寒対策は厳重にすることをおすすめします。

 

まとめ

亀山八幡宮初詣の混雑状況や参拝時間、屋台などについてまとめてきました。

・1月1日は年明けと日中が混雑します。限定で雑炊が出ます!
 ・2日、3日もほぼ日中は人が多いです。早朝か夕方以降がおすすめ
 ・歴史ある境内を散策したい!

 

こりらくママ
2021年は亀山八幡宮に決まり!

 

亀山八幡宮は、下関という地方都市ですが、太古の昔から交通のかなめとなる場所のため、沢山の人が出入りしており非常に歴史好きには面白い場所です。

この記事に書ききれませんでしたが、源平合戦の壇ノ浦の合戦も関門海峡なので、源義経の像を見に行ってみてもよいかもしれません。

 

他県からの参拝の方も、下関でふぐを食べて初詣をして歴史探索はぜいたくな新年だなと個人的に思います。すぐ近くに福岡県もありますので、十分楽しめると思います。そんな歴史ある亀山八幡宮にご興味がある方は是非初詣にお越しください!

 



NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!