MENU

福岡縣護国神社初詣2023の混雑状況や参拝時間は?屋台や口コミまとめ

福岡縣護国神社は福岡の中心にありながら、静けさのある厳かな神社です。

明治時代に建設され、それから明治維新の時から大東亜戦争までの国難に殉じた英霊をお祭りした神社です。そのため普段は厳かな雰囲気が漂う神社ですが、蚤の市が開催されてたくさんの人で賑わうこともある二面性があり、不思議な雰囲気が漂っています。

 

そういう福岡縣護国神社で新年を迎えてみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

天神から近いし、混むだろうなと考えている方もいらっしゃると思いますので調べてみました。

 

こりらくママ
結論からいうと・・・

 

年明けと、3が日の日中は混みますが、比較的ゆっくり参拝できます。

福岡縣護国神社はとても境内が広い神社ですので、年明けと3が日の日中は行列ができますが、身動きが取れないほどの混雑というほどではないようです。

 

さらに今回の記事では深掘りをしていって、

・福岡縣護国神社初詣の穴場の時間帯はいつだろう?
・福岡縣護国神社でゆっくり参拝できる時間が知りたい!
・福岡縣護国神社の屋台が気になる!

など、福岡縣護国神社の初詣の混雑状況や屋台情報、口コミなどをまとめてみました。

 

やはりできるだけ混まない時間帯にお参りしたいですよね!まとめてみましたので参考にされてみてください。

 



 

目次

福岡縣護国神社初詣2023の混雑状況は?

福岡縣護国神社・初詣の三が日の混雑状況についてネット上で調べてみました。

 

元日

年明けと昼が混雑する

1月2日

昼は人が増えるものの比較的ゆっくり参拝できる

1月3日

昼は人が増えるものの比較的ゆっくり参拝できる

 

 

こりらくママ
元日はやはり混雑しそうね・・・

 

元日はやはり、交通の便がよいこともあり混雑します。年明けと昼頃が特に混雑するようです。

しかし、やはり太宰府天満宮や筥崎宮などの他の神社に先にお参りに行く人が多いのか、敷地が広いことも助けて大混雑というほどではないようです。

 

福岡縣護国神社初詣2023の混雑する時間帯は?

福岡縣護国神社の初詣で、混雑する時間帯についてもう少し詳細にチェックしていきます。

 

一番混んでいる時間帯は、元日の11時以降から夕方ぐらいまででしょうか。

それはなぜかというと家族での集まりが終わってから参拝する人と、三社詣をしている人も回ってくる時間が重なりやすい時間だからではないでしょうか。

 

参拝の行列が鳥居のあたりまで続くこともあります。

その長さ約100メートル以上(*_*)

 

なので、元日に混雑を避けて参拝するとすれば、

 

こりらくママ
早朝か夕方以降の時間帯がおすすめです!

 

元日は日中にかけて混雑しますので、朝早い時間に初詣を済ませたり、夕方以降からゆっくり参拝したりすると、比較的ゆっくりとお参りできます。

 

福岡縣護国神社初詣2023の1月2日〜3日の混雑状況は?

福岡縣護国神社の1月2日〜3日にかけての混雑ですが、日中は混雑しています!

 

三が日の日中はかなり人が多く混雑しますので、気をつけて下さい!!

 

なので、1月2日~3日の空いている時間を狙うなら

こりらくママ
早朝か夕方以降がオススメ!

 

1月2〜3日も日中は混み合いますので、早朝から午前中にかけてだと比較的混雑も緩和されています。また、夕方以降は参拝客がまばらになりますので、夜の参拝もオススメです。

しかし、周りが広いので割とストレスなく並べそうです。混雑が苦手な方は是非おすすめです。

 

福岡縣護国神社初詣2023のお正月すぎの混雑状況は?

ツイッターなどの口コミを見てみる限り、人通りはだいぶ落ち着いているようです。

三が日は他の神社を回って、1月4日以降の混雑が落ち着いたころに、初詣に行くのもおすすめです。

 

福岡縣護国神社初詣2023の参拝時間や穴場の時間帯は?

福岡縣護国神社の初詣の参拝時間や穴場の時間を、まとめてみました!

 

  参拝時間 穴場な時間
元日 終日 早朝もしくは夕方以降
1月2日 終日 早朝もしくは夕方以降
1月3日 終日 早朝もしくは夕方以降

 

こりらくママ
終日参拝できるのはありがたい!

三が日を通して、比較的スムーズに参拝できるのは早朝か夕方以降が狙い目です。

 

福岡縣護国神社初詣2023の屋台情報は?

福岡縣護国神社の屋台情報についても調べてみました。

 

 

参道にはたくさんの屋台が並びます。イカ焼きや焼きそばなど種類も豊富です。

屋台の中には、梅が枝餅屋さんがあるようです。太宰府まで行かなくても食べられるのは嬉しいですね!体が温まりそうです。

 

福岡縣護国神社初詣2023の口コミや感想は?

福岡縣護国神社では新年に甘酒(一杯100円)がふるまわれます。これが凄く温まって美味しいと評判です。

 

甘酒の心遣い嬉しいですよね。参拝の待ち時間に体を温めながら待つことができるので、風邪予防が出来そうです。

 

その他、福岡縣護国神社の初詣のオススメポイントとしては

①日本屈指の大きさの木製の鳥居を見る
②約13万柱というご英霊の参拝する
③御朱印がかっこいい

といったところですね。

 

こりらくママ
日本屈指の木製の大鳥居はぜひ見てみたい!

 

福岡縣護国神社には日本屈指の大鳥居は、高さ13メートルという高さを誇ります。創建当時、台湾から木材を取り寄せたというから凄いですね!

そして、福岡縣護国神社で忘れてはならないのは、先人たちのご英霊への参拝です。現在の私たちが元気に暮らせていることに感謝して、初詣を行いたいものです。

福岡縣護国神社の御朱印も太文字で迫力があります。御朱印を集めている方は是非、頂いてみてください。



 

福岡縣護国神社2022の詳細

福岡縣護国神社の初詣の詳細な情報は以下になります。

 

例年の人出

5万人程度と思われる

御神徳

平和の守り神

アクセス

地下鉄「七隈線六本松駅」より徒歩7分
地下鉄空港線「大濠公園駅」より徒歩15
西鉄バス「護国神社前・NHK放送センター入口」下車

 

福岡縣護国神社は公共機関も便利ですし、少し遠いですが天神からも歩けないほどの距離ではありません。

駐車場は無料で246台駐車可能ですので車での参拝も便利です。都心に近いためコインパーキングも充実しています。

 

まとめ

福岡縣護国神社の初詣の混雑状況や参拝時間、屋台などについてまとめてきました。

・1月1日は年明けすぐと昼間以外は意外とゆっくり参拝できる。
・2日、3日も昼間混雑するも、比較的ゆっくり参拝できる
・英霊に感謝の心を持ち新年を迎えることができる

 

こりらくママ
2022年の初詣は福岡縣護国神社に決まり!

 

今の私たちが元気に過ごすことができるのは、亡くなった英霊たちの活躍によって成り立っていると思います。そのことを感謝する気持ちを忘れずに初詣を迎えることによって、今度は自分たちが頑張るという気持ちで迎えることができる神社です。

ご神徳と共に、自身への新年への心構えができて幸先の良い新年を迎えることができます。是非ご興味がある方はお越しください。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる