MENU

東海道新幹線2021-2022年末年始混雑状況!ピークはいつ?ダイヤまとめ!

東京〜博多間を走る東海道新幹線!

2020年から2021年にかけては、新型コロナウイルスの第三波、第四派の到来で長距離の移動はできる限り避けたいと思っている方が多かったのではないでしょうか?

案の定例年に比べて新幹線を利用する方は少なかったようです。

 

さぁ~2021年から2022年はどのようになるのでしょうか?

 

ということで今回の記事では

・東海道新幹線の年末年始の混雑状況は?
・東海道新幹線の混雑ピークはいつ?
・東海道新幹線の年末年始のダイヤが気になる!

など、東海道新幹線の年末年始の混雑状況などをまとめてみました。

 

混雑状況などを参考にされながら、少しでも快適に長距離移動してくださいね。

 



目次

東海道新幹線の年末年始の混雑状況は?

東海道新幹線の年末年始の混雑状況について、現時点でのネットの情報をまとめてみました。

 

12月29日 下り/午前中から昼にかけて空席残りわずか
12月30日 下り/午前中発空席残りわずか
12月31日 終日指定席は空席あり
1月1日 終日指定席は空席あり
1月2日 上り/昼から夕方にかけて空席残りわずか
1月3日 上り/10時台から夕方にかけて残りわずか

※12月上旬の情報

 

12月29日の午前中は、仕事納めも終わっているので午前中から東海道新幹線をご利用される方が多いようですね!

逆に、1月2日~3日は上りが昼から夕方にかけて、空席が残りわずかとなっています。

 

新幹線の利用を考えている方は、早めに予約することをおすすめします!!

 

年末年始に新幹線での移動を余儀なくされた方は車内でのマスク着用を徹底しながら、車内でゆっくりお過ごしください。

 

 

また、JR東日本は、12月28日から1月5日までの間の予約席数は、104万席と前年比の2倍と発表しています!

しかし、新型コロナウイルスが流行する前の2020年の時と比べると59%に留まっているとのこと。

 

 

東海道新幹線の年末年始の混雑ピークはいつ?

東海道新幹線の年末年始のピークは以下になります。

 

下り(東京→新大阪→博多) 12月29日、12月30日
上り(博多→新大阪→東京) 1月3日

 

下りのピークは、12月29日で、29日、30日の午前中に名古屋駅を発着する「のぞみ」などに混雑が見られるとのこと!

また、上りのピークは、1月3日で名古屋駅を午後に発着する「のぞみ」を中心に混雑するとのことです!!

 

 

 

これは昨年の東海道新幹線のツイートになりますが、12月29日、30日、1月3日が利用する方のピークとなるようです!

 

また、JR東海は臨時列車を運行すると発表しています。

JR東海は2021年12月1日(水)から2022年1月10日(月)までの期間、東海道新幹線で運行する予定の臨時列車について、社会情勢や利用状況を鑑み、これまでの発表通り全て予定通り運行すると発表しました。

期間中は1日あたりの平均運転本数は354本、うち12月28日(火)から1月5日(水)までの年末年始期間は412本、合計1,984本の臨時列車が運転されます。

このほか、JR東海が運行する在来線特急は、12月28日(火)から1月5日(水)までの年末年始期間に「しなの」「ひだ」「南紀」の計42本の臨時列車が運行される予定です。

引用

今年の年末は、感染者がだいぶ落ち着いてきていますので、例年どおりほどまでとはいきませんがかなりの人が東海道新幹線を利用することが考えられます。

 

朝の早い時間帯などは利用者が少ない場合がありますので、おすすめですよ☆

東海道新幹線の年末年始のダイヤ情報は?

東海道新幹線の年末年始のダイヤは以下を参照ください。

下り(東京→新大阪→博多)
上り(博多→新大阪→東京)

 

今年の年末から年始にかけて運行本数を増やした理由の一つとして「密を回避する」意味もあると思います!

本数を増やすことで車両ごとの混雑も分散されます。

 

密が気になる方は、早い時間or遅い時間に乗車することをおすすめします!



 

東海道新幹線の自由席の混雑状況は?

先ほど、運行本数が増便したと記述いたしましたが、そうなると「自由席も空いているのか」気になりますよね。

結論からいうと、今年の自由席はかなり混雑すると予想しています!

 

理由としては、昨年新型コロナウイルスの関係で帰省を断念した方々は大勢いると思います。

しかし、今年は12月上旬にして感染者がかなり抑えられているので、「昨年帰省出来なかったから今年は帰ろう」と思っている方がかなりいるように思えます。

現に筆者の周りの人にもいます^^

 

その方々の中には、自由席で帰ると考えている方もいるでしょう。

午前中から夕方にかけては混雑すると思います!

 

自由席は、指定席と比べると「密状態」になってしまいます。今年は特に密になることが考えられますので車内でのマスク着用やできる限り会話はしないなど、利用者一人一人が感染対策を心がけていくことが大事ですね。

 

まとめ

東海道新幹線の2021〜2022年の年末年始の混雑状況についてまとめてきました。

・指定席は早めに予約しよう
・上りは12月29日・30日、下りは1月3日がピーク!
・自由席は混雑が予想される

 

コロナ禍での長距離移動の際は、感染対策に努めながら快適に過ごしてくださいね!

 



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる